地域内で創ったエネルギーを
地域内で使う仕組みづくり

地域の有用資源や地勢を活用した、更なるエネルギー開発を推進していきます。
そして、地域内自治体の温室効果ガスの排出量ゼロを目指します。

事業内容
電気の自給自足
事業開始

事業内容

おきたま地域内の再生エネルギーを応用した地産地消のまちづくり

主な事業内容はこちらです。

1)小売り電気事業
2)電気通信事業
3)再生可能な自然エネルギーを利用した発電、売電事業及び買取事業
4)再生可能エネルギー・資源活用の情報収集・調査・コンサルティング業務

電気の自給自足

置賜は、電気の自給自足が可能な”全国的にも稀な”地域なのです。

置賜地域の自然環境下で生み出されている「電気エネルギー」は、置賜地方全世帯の電力消費量よりも多く、ほぼ自給自足可能ということになります。

事業開始

事業開始は令和4(2022)年4月

おきたま三市五町を対象エリアに、事業開始は令和4(2022)年4月以降とし、各自治体、民間団体、会社を顧客として営業展開を予定しております。
個人宅にも対象を広げていきます。

TOP